棚守房顕覚書74 天神堂建立

MENU
TOP >> 棚守房顕覚書(資料) >> 棚守房顕覚書74 天神堂建立棚守房顕覚書(資料) 資料
スポンサードリンク

棚守房顕覚書74 天神堂建立

天神堂を建てられ、会所(連歌の興行を開くこと)を仰せつけられました。月次の連歌興行を行えと。その上で、6月17日の夜の管弦祭の稽古、6月2日から17日の夜に至る大小の7度の寄合(=関係者の集会)などがありまして、6月2日の当番に社家は申すに及ばず、地元の奉公衆、その他の町人に至るまで、2、300人を呼び、酒や飯を調整して1日遊覧しまして、この酒は吉田(=吉田郡山=毛利)から当島の各々への贈り物であると申しました。6月9日は管弦の稽古がありました。6月14日には供僧と社家の寄合がありましてた。6月16日は船組(=船を三つ組んで管弦祭の船とする)をしました。6月17日夜の管弦祭が過ぎると、大元の沖で酒や飯を食べました。これらのことは社家各々の協力があってのことです。

内容が飛んでいます

天神堂は現在の厳島神社摂社の天神社のこと。
天神社が作られたのは弘治2年(1554年)。大内義隆が死亡する大寧寺の変が1551年ですから、このページの話はかなり飛んでいることになります。棚守房顕覚書は思い付きでツラツラと書いているために、飛んでいることが多いのです。気にしないようにしましょう。

天神堂

毛利隆元(元就の子供)が天神堂という建物を建て、それで毎月「連歌興行」をすることになった。天神堂というのは天神を祀るための神社ではなく、連歌というイベントが天神と絡めて興行することが多いので、つけられた名前ではないかと思います。毎月ってのが大変ですよね。よほどの人数の文化人がいないとキツイですよ。
●ちなみに1000句の連歌を行う時に九人で行うのが一番いいとされています。

管弦祭

そういうイベントをやりつつ、管弦祭にも取り組んだ。管弦祭は6月17日の夜にありますから、準備のために6月2日から6月17日にかけて集会した。2日の集会では二、三百人が集まって飲んで食ったとあるので、かなり大きな集会ですよね。どこでやったのやら。その時に飲んだ酒を送ってくれたのが毛利。
棚守はよほど毛利を絶賛したいようです。
前のページ…「棚守房顕覚書73 毛利氏の信仰・広元興元の参詣
次のページ…「棚守房顕覚書75 房顕上京

棚守房顕覚書(資料)の一覧

スポンサードリンク

ブログや掲示板に紹介する場合

ブログやサイトに紹介する場合(タグ)

編集