宮島に猿まわしが復活?!

MENU

「宮島に猿まわしが復活?!」

2017年07月18日

先日、久しぶりに宮島に行ってみると、厳島神社の南、滝小路の入口近くに「猿回し」のお店が出来ているじゃないですか。この日は既に滝宮神社に登ってヘトヘトだったので、観覧はしませんでしたが、どうも「オープンセール」で無料で観覧できたよう。すごい太っ腹だな。

最近では宮島では猿を見かけることは少なくなりましたが、以前は民家の屋根に猿が登っていることがありました。鹿とともに猿も名物だったのです。この猿、江戸時代には既にいて、これがどうも宮島に興行に来た「猿回し」の猿が逃げて野生化したらしいのです。

また、猿回しは見世物ではあるものの、宗教的な意味もあった。それに天台宗の延暦寺のある比叡山は猿が神の使いです。その天台宗系列の神社が「山王社」…そんなの宮島と関係ない?と思いますか? 実は厳島神社本殿の裏、社務所の横にある「三翁神社」は江戸時代までは「山王社」と呼ばれていたのです。それに大聖院・大願寺は少なくとも清盛の時代までは天台宗の寺で、その後、徐々に真言宗に鞍替えしたという経歴です。そして、現在の厳島神社の神事も天台宗系がほとんど。

なんて前知識を持って猿回しを見るもよし。
まー、歴史遺産の多い宮島の中で子供も楽しめそうな猿回しは単純に「適した」施設だなと思います。それに本来の宮島はそんな堅苦しい島ではなく、文化と芸術の娯楽島だったのです。猿回し小屋ができるのは本来の宮島に帰りつつあると言っていいんじゃないでしょうか。

2017年08月04日
地蔵の穴じゃないか?…清盛塚の下、宮島水族館の手前の穴
2017年07月26日
あまりの暑さに宮島の鹿も日陰でお休み
2017年07月20日
雪舟庵(西方院)のそばにある鳥居
2017年04月16日
厳島神社の能舞台で桃花祭御神能…右近左近